電子ミシンとコンピュータミシン!違いや特徴から向いているものを選ぶ!

子供の入園入学を控えていて、入園グッズなどにミシンが必要だとお悩みのママも多いです。

初心者向けのミシンとして人気なのが、電子ミシンとコンピュータミシンです。

どこがどう違うの?と疑問に思っているママも多いですから、2つの違いについて紹介しましょう。

電子ミシンとコンピュータミシンの大きな違い

電子ミシンとは、電子回路が組み込まれているミシンのことです。

手元の大きなダイヤルを回して縫い目などを選択し、スピードなども調節できます。

コンピュータミシンとは、ミシンの中にマイクロコンピュータが内臓されていて、ありとあらゆる作業をサポートしてくれます。

液晶画面が付いていて、そこから設定してボタン1つで縫えてしまいます。

大きな違いとして、電子ミシンは電子回路で制御、コンピュータミシンはコンピュータで制御していることです。

見分け方の大きなポイントは、液晶画面があるかないかです。

ただし、コンピュータミシンでも安価なタイプは液晶がありませんから、その点だけ注意しておきましょう。

電子ミシンのメリットとデメリット

電子ミシンは設定などの操作が簡単で、機械に弱いというママでも操作できてしまいます。

コンピュータミシンに比べて価格も安いですから、コスパ重視の人にはおすすめです。

ゆっくり縫っても縫い目がきれいですし、デニムなどの厚手の生地でも対応しています。

操作がシンプルな分、自分でやらないといけないことが多いです。

途中でミシンが止まるなどのトラブルが起きても、原因は自分で探さないといけません。

コンピュータミシンに比べて種類が少ないですから、選択の幅が限られています。

コンピュータミシンのメリットとデメリット

初めての人でも簡単に使えるようにと、様々な機能が網羅されています。

液晶の画面をポンポンと押すだけで、必要な設定は全て完了します。

面倒な前準備などもサポート機能がありますから、ミシンに鳴れていない人でもすぐに使うことができます。

何かトラブルがあった時には液晶画面にエラーメッセージが出て、原因の特定をしやすいです。

機能が豊富な分、価格が高いというのがデメリットです。

安いものでも十分だという人向け

子供のグッズが必要な時にチョコっと使えればいいとか、どんなミシンでもいいから安いものがいいという人もいます。

そんな人におすすめなのは、電子ミシンです。

何より価格が安いですから、お財布に負担がかかりません。

子供の入園グッズで必要なものを作るだけなら十分です。

入園グッズは直線縫いが多いですから、初心者でも電子ミシンで十分対応できます。

刺繍や文字入れなどをしたい

入園グッズにかわいい刺繍を入れてあげたい、名前などもしっかり入れたい人は、コンピュータミシンが向いています。

刺繍や文字入れは選ぶだけでOKですし、ミシンに機能が付いていますから簡単です。

見栄えのいいグッズを作りたいという人には特に向いていて、縫い目などもきれいです。

その分価格は多少高くなりますから、使いこなしてたくさん手作りしてあげましょう。

ミシンを使えるレベルで選ぶ

ミシンの基本的なことは何となくわかっているという人もいれば、どこから手をつけていいのかわからない人もいます。

レベルに応じてタイプを選ぶのも大事です。

多少の知識がある人なら、電子ミシンでも十分に使いこなすことができます。

試行錯誤しながら使っていくうちに、技術も見に付いてきます。

何をどうしていいのかわからないレベルの初心者なら、コンピュータミシンを選びましょう。

指でポンポンと選ぶだけで後はミシンが全部やってくれます。

今後ミシンの出番があるかどうかで選ぶ

先ほども少し触れましたが、ミシンをずっと使い続けていきたいかどうかで、選ぶのも大事です。

入園グッズのみで今後は出番がなさそうなら、低価格な電子ミシンが無難です。

必要最小限の機能しかありませんが、子供のバッグや給食袋など複雑ではない形のものなら初心者でも作れてしまいます。

入園の時に多少いじっておけば、入学の時にまた必要になってもスムーズに使えます。

入園グッズ作りからもっとハンドメイドを極めていきたいなら、コンピュータミシンにしておきましょう。

機能が充実していますから、使えば使うほど手作りできるものに幅が出てきます。

レンタルするという選択肢もあり

たった1回の入園グッズのために、わざわざミシンを買うのがもったいないなら、レンタルする手もあります。

機能が充実したコンピュータミシンなどを安く借りられますから、コスパに優れています。

レンタルして良さそうなら買うという道もありますし、レンタルのみですませてしまうこともできます。

数年に一度くらいしか使わないだろうという場合には、思い切ってレンタルを検討するのもおすすめです。

まとめ

電子ミシンはシンプルで低価格、コンピュータミシンは機能充実で値段が高いのが大きな違いです。

どちらのタイプが自分に向いているかまずは判断して、その中から機能やサイズ、重さ、価格などを見ながらどれにするのか選ぶのがベストです。