古いミシンはクローゼットの肥やし!ひょっとして買取してもらえるの?

昔は一家に1台と言われたミシンですが、昨今では自分で縫うよりも出来上がったものを購入のほうが安い、といささか影が薄くなってきました。

なので家にあるミシン、これ処分するのにいい方法は、と考えている人も少なくないですね。

生産量は落ちているようですが、ミシンの需要はまだあります。

ここは買取を利用してみましょう。

使わなくなったミシンの処分には

一時は子供の幼稚園に必要なものとかをあれこれ縫ったけど、名前付けとかしたけどでも、ふと気がつけば使わなくなったミシンありませんか。

結構いいものを買ったのに、子供が成長していくうちに使わなくなってしまったということ、ありますね。

また昔から縫い物が好きで、自分のものは自分で縫っていたなど言う人でも、日々の忙しさでそうした趣味もお預けになっていること、ありますね。

そんな時にクローゼットの隅においてあるミシンを見ると、ちょっと悲しくなったりもします。

悲しくなってしかも、これちょっと場所ふさぎなどと思ってしまうこともあります。

以前を考えるとちょっと可愛そうですが、処分ということも考えなくてはなりません。

普通こういった品の処分と言えば、粗大ゴミということになります。

各自治体の処分方法に合わせて、処分してもらうのが最も一般的です。

でもまだ使えるし、思い出もあるのにそれも悲しいと思った場合、他の方法もないではありません。

使わなくなったミシンをゴミではなく

何にでも使ってきたものには愛着という感情がわきます。

ゴミ、というのは悲しいですね。

なのでミシンの処分方法、他にないものかを考えてみましょう。

フリーマーケットやネットオークションで売る

ネットを利用しなれている人なら、この手を使うことも可能ですね。

状態のいいミシンなら、結構買い手はつきます。

ただ梱包して送るなどの手間が、それなりに掛かるのが難点です。

特にコンピューターミシンのような精密機器の場合、送る前に故障がないか問題がないか調べなくてはならないのが、いささか面倒ですね。

本当に古いアンティイークとかなら寄付も

自治体とかの博物館などで、古いミシンを引き取ってくれることがあります。

足踏みミシンなど、今の子供は知りませんので、昭和の時代などのテーマで必要になるのですね。

これはまあ、近くにそういった博物館があってしかも需要があるという条件が付きます。

またアンティークとか昔ながらのミシンでしかも、保存状態のいいものと言う条件もつきますね。

専門の買取業者やリサイクルで

最も面倒もなく、再利用もしてもらえるのがこの、買取業者やリサイクルです。

ただ街のリサイクルショップの場合、買取不可の所もありますし、そこまで持っていくことを考えると、買取業者に頼むほうがおすすめです。

多くのミシン専門の買取業者がありますので、相談してみるといいですね。

こちらもどうしても買取不可、というものはありますのでその点は覚悟しておいてください。

どういったミシンが買取歓迎してもらえるのか

買取業者にミシンの買取を頼む場合、やはり相手の欲しがっているミシンであることは、買い取ってもらうための必須条件です。

アンティークミシンなど保存状態のいいもの

ここでもアンティークミシンは人気です。

保存状態がよく、ヨーロッパ製のものが人気です。

19世紀あたりのものはデザイン性も高く、実用品だけでなくインテリアの1つとしても人気なのです。

もしクローゼットに眠っていたら、相談してみてください。

工業用などの足踏みミシン

祖母から母へ、そこから自分へと受け継がれてきた足踏みミシン、電動のものと違って場所も取ります。

直線縫いしか出来ないので、あまり使わないし場所ふさぎでと思った場合、これ買取業者に相談してみてください。

実はこういった、ちょっと古いミシンは結構買取対象になるのです。

壊れにくい上に、しっかりと縫えるので人気が絶えないミシンなのですね。

電動ミシン

初心者向けの入門用のミシンです。

安価で購入できるので、特に需要なさそうに見えますが、事実は結構人気です。

元の値段が低めなので、もちろん買取金額は少ないです。

ただベーシックなミシンなので、常に需要があるということです。

コンピューターミシンや電子ミシン

コンピューター搭載なので、初心者にも扱いやすくベテランでも便利に利用ができるミシンです。

これはもちろん買取に歓迎されるミシンです。

ただ、当たり前のようなことですが、動作不良がないか使い込んでいないかなどの条件が付きます。

付属品もセットで販売が推奨されます。

ロックミシン

こちらはちょっと専門的なミシンですが、ニットなどストレッチ生地を縫うのに適したミシンです。

なのである程度買い手を選ぶのでは、と思いがちですが需要はあります。

元の値段も結構高いので、中古市場でも人気なのですね。

ただロックミシンの場合、メーカーや機能によって買取できないものがありますので、注意してください。

まとめ

意外と買取の需要のあるのが、ミシンなのです。

単に、要らなくなったから捨てるのではなく、再利用も考えて買取してもらうのがおすすめです。

あまり高額では売れませんが、フリマやオークションのような手間もかからないので、おすすめの処分法です。