ミシンを選ぶ時、どこに注意したらいいの?その種類と選ぶポイント

小中学校の時、家庭科でミシンを触ったけれど、その後全く使ったことがないという人。

子供が保育園などに入園する際、バッグなどを手作りしなくてはいけなくてミシンが必要となった人。

ずっとミシンを使ってきたけれど、買い替えたい、という人もいるでしょう。

こんな時、どのようなミシンを選んだらよいのでしょうか。

ミシンの種類を知っておきましょう

電子ミシン

電子ミシンとは、昔使われていた足踏み式のミシンに対して、電気で動くミシン、という意味です。

今では足踏み式は使われていないので、本来は市販されているすべてのミシンが電子ミシンと言えます。

しかし、電子ミシン、とあえて言うのはコンピュータミシンと区別するための名称です。

コンピューターが内蔵されておらず、布を縫うための基本的機能を持っており、電気で動くミシン、と考えるといいでしょう。

このようなミシンの場合、足踏み式のものと同じく、最低限の直線縫い、ジグザク縫いができます。

しかし、刺繍などは基本的にできないものが多く、価格も安くなっています。

コンパクトで軽く、操作するボタンやダイヤルが少ないすっきりしたデザインのものです。

コンピュータミシン

こちらも電動であることは同じなのですが、内蔵された小さなコンピューターで動きを制御しています。

例えば、縫う速度を最初はゆっくりにする、もう一目だけ縫う、といった細かい操作をコンピューターで制御する、といった機能があります。

ミシンになれていない人でも扱いやすい機能がついていることが多いので、安心です。

自動糸通し機能や自動糸調子機能がついていることも多く、悩まずに使えるのがコンピューターミシンです。

また、直線やジグザグ縫いだけでなく刺繍の機能がついていることがほとんどです。

アルファベットやひらがな、中にはキャラクターもののワンポイントを入れられる、といったものもあります。

ロックミシン

ロックミシンというのは、布の端を切り揃えながら「かがり縫い」をするという機能に特化したミシンです。

特にニットの生地などは伸び縮みするために、布の端がほつれやすく、普通のミシンでは対応が難しいのです。

ニット以外の布の場合、端を折りたたんで縫ったり、ジグザグ縫いでほつれを止めたり、ということである程度対応できますが、ニットの場合は大変です。

また、伸縮性のあるニットの服の場合、直線縫いではそこだけ伸び縮みしにくく、着心地が悪くなります。

ロックミシンで縫うと、縫い目が伸び縮みするので着やすくなるのです。

刺繍ミシン

刺繍ミシンというのは、コンピュータミシンの中でもオリジナルの刺繍ができるミシンです。

スマホやタブレットなどと接続して、図案を自由に刺繍することができます。

普通のコンピュータミシンに内蔵されている刺繍は、基本的にあらかじめ決まったものしかできません。

刺繍ミシンならオリジナルのデザインを縫うことができます。

また、図案をダウンロードして刺繍に使う、ということも可能です。

もちろん、直線縫いやジグザグ縫いなどの基本的機能もついています。

かなりスペックの高いミシンなので、値段も高価です。

押さえておきたい機能について解説

フットコントローラー

電子ミシンの場合、スイッチを入れたり切ったりするために、ボタンを使用する場合があります。

また、スピードのコントロールのために、「早い・遅い」というボタンを使わなくてはいけない場合もあります。

フットコントローラーは、スイッチや速度を足元のペダルで操作する仕組みです。

そっと踏めばゆっくり、しっかり踏めば早くなるためイメージ通りの速度で縫えます。

また、フットコントローラーがあれば布を押さえたい時など、両手を使えて便利です。

もともとフットコントローラーがついているものもありますが、ついてないものもあります。

なお、オプションで付けられる製品もあります。

このような機能があった方がいいと思ったら、フットコントローラー付きのものを選びましょう。

自動糸通しと自動糸調子

初心者の場合、一番困るのが糸通しです。

複雑な順番で糸を通さなくてはいけないし、順番を間違えるとミシンは動きません。

これをサポートしてくれるのがコンピュータミシンの自動糸通し機能です。

また、「糸調子」は、ミシンをスムーズに動かすために大切なポイントです。

ミシンの糸は、「上糸」と「下糸」の二本を同時に動かして、絡み合わせて縫います。

この上糸と下糸が調子を合わせて動かないと、糸が絡んだり切れたりしてしまいます。

この調整をするためには、普通の電子ミシンなどでは上糸のダイヤルを調節したり、下糸の入っているボビンを調節したりしなくてはいけません。

しかし、コンピュータミシンの場合は、これを自動で調整してくれる機能がついていることがほとんどです。

目的に合わせて機能を選びましょう

保育園用グッズに必要な機能

保育園入園の際求められるのは、バッグやカバーの類で、基本的に直線縫いとジグザグ縫いだけです。

従って普通の電子ミシンでも、縫えるものが多いと言えます。

ただ、子供のために、可愛いワンポイントを入れてあげたい、という場合や、名前を刺繍で入れたい、と言った場合はコンピュータミシンを選ぶとよいでしょう。

また、これまであまりミシンを使ったことがない人にとっては、自動糸通し機能などがついたコンピュータミシンの方がおすすめです。

よほど凝ったものを作りたいのでなければ、刺繍ミシンまでは必要ないかもしれません。

身の回りのものを作りたい

カーテンを縫ったり、袋物を作る、といったちょっとしたお裁縫をするくらいなら、普通の電子ミシンでたいていのものが作れます。

保育園用のグッズなどとは違って、期限が決まっておらず、自分のペースでミシンに取り組むなら、あえてコンピュータミシンを選ばなくてもいいかもしれません。

しかし、ワンポイントを入れてみたい、というような場合は、コンピュータミシンや刺繍ミシンを使うとよいでしょう。

洋裁を本格的にやりたい人には

自分や家族の服を作ってみたい、という場合は、作りたい服によって選ぶべきミシンが異なります。

たいていの服は電子ミシンで作れます。

しかし、子供服にワンポイントを入れたい、という人ならコンピュータミシンが必要です。

また、ボタンホールを作る場合は、電子ミシンのジグザグ機能を使って作ることもできますが、コンピュータミシンなら自動で綺麗に作れます。

なお、デニム地のような厚い生地を使うなら、必ず厚い生地に対応できる機種か確かめましょう。

ニットの服を作りたいなら、ロックミシンが必須です。

まとめ

ミシンの選び方は、その人の経験や作りたいものによって異なります。

様々な機能や特色があるので、よく確かめて購入することが大切です。

高価な買い物なので、自分がミシンに求めるものをはっきりさせてから探すようにしましょう。